【Excel2013】 VBAやマクロが動かない時の対応

先日、私の所に一本の電話が入りました。

『Excelのボタンが動かないんです!!』

私「???」

事態を把握できずに私がフリーズしました(笑)

詳しく内容を聞いてみると、こんな感じ ↓↓↓

ーーー
Excelのあるシートを、数カ所のセルだけ変更して毎月30枚ほど印刷しているものがあった。

いつも、セル内容変更して印刷してという作業を30回くらい繰り返す。

面倒なのでどうにかならないか?という相談を受け、VBAで自動化。
コマンドボタンを押せば、30枚分の変更と印刷が実行される。

そのボタンを押しても、処理が実行されなくなった!
ーーー

実際にファイルを見てみると、確かに動かない。

VBAなんで私以外にいじる人がいないけれども
念のためにソースを確認するも全く問題なし。

悩むのも面倒だったので、ボタンを作り直してプロシージャを再度関連づけることに。

ところが、ここで思わぬ壁が・・・

コマンドボタンを設置しようとしたところ
「ActiveXコントロールを設置できません」というエラーメッセージ。

全く原因が分からない。

マクロのセキュリティを見直しても問題ないし、
Excelファイルを新規でつくっても同じ。

全く原因が分からなーーーい。

色々調べてみた結果、WindowsUpdate で実行されたExcelのパッチが原因であることが判明。

そのパッチを削除しようとしたんだけど、驚くべきことに、そのPCには該当するパッチが当てられていなかったのです!!

仕方がないので Excel のバグではないかと勘ぐって調べていくと、どうも MSForms.exd というファイルが悪さをしているらしい・・・

このファイルは C:\Users\XXX\AppData\Local\Temp\Excel8.0 にあります。(XXXには、ユーザー名が入ります)

Excelを終了して、MSForms.exd を MSForms_old.exd にリネーム。

すると、無事にコマンドボタンを設置することができました。

他にもいくつか解決策があるようですから、今回の方法で解決するかは自己責任でお試しください。

あくまで、私の場合はこの方法で解決しました、という例です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク