macでファイルやフォルダが削除できないときの対処法

ITメモ

ある日、デスクトップに見知らぬフォルダを発見。

こんなのつくった覚えもないし、中身も空っぽなので削除しようと思い command + delete キーを押したのですが、フォルダはずっとデスクトップにいたまま。

ん???

 

ロックかけてるわけでもないし、ユーザーも私のアカウントしかないので全く原因がわかりません。

 

ググってもAppleのFAQが引っかかるばかりで、ロックやらアクセス権やら書いているばかり。

そんなのどうでも良いから強制的に消したい!!

 

ターミナルから実行できるでしょ?と思って検索キーワードを変更してみたら、やっぱりありました。

 

MAC:ゴミ箱を空にできない、ファイルやフォルダが消せない時は
http://www.kameneko.com/mac-fileremove-trash/

こちらのサイトに紹介されてい5番目の方法です。

私の場合はこれまたうまくいかなかったのでスーパーユーザーとして

sudo rm -Rf [フォルダ フルパス]

を実行。

「消してもいい?」って聞かれたから
未練も感じずに yes を入力。

うん。綺麗さっぱり消えた。

 

なぜ command + delete キー で削除できなかったのは、永遠の謎にしておくことにしました(笑)

 

 

肩こり・腰痛に悩まされるITエンジニア必読!!

長時間のデスクワークで疲れがたまっていませんか?

肩こりや腰痛に悩まされるITエンジニアのために、E-Book『疲れないカラダのトリセツ』を無料でプレゼントしています!

ダウンロードはとってもカンタン。2分以内に受け取れます。

ITメモOS
yoshitokugawaをフォローする
ITエンジニアのための『カラダトリセツ』

コメント