LinkStation 指定外のハードディスクに交換

ファイルサーバとして運用しているBuffaloのLS-WX4.0TL/R1Jですが、ディスクが故障してしまいました。

RAID1のおかげでデータは無事だったので一安心。

ディスク交換→RAIDの再構築、の手順ですむから復旧も楽チンと思っていたのですが、
Buffalo指定の交換用ディスクが・・・とってもお高い!

amazonでも約30,000円もしてしまいます。
BUFFALO リンクステーション対応 交換用HDD 2.0TB OP-HD2.0T/LS

ちょっと待て!
amazonで新品のLS-WX4.0TL/R1Jを買った方が安い(笑)

そんなわけでBuffalo指定ではないHDDに交換できないモノかとググったところ・・・
すでに同じ事をされている方を発見!

こちらのサイトを参考に、全く同じ手順で実施しました。
http://www.yume-map.net/?p=3567

amazonで【Amazon.co.jp限定】WD Green 3.5inch IntelliPower 2.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD20EZRX/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】を購入。
同じ2TBでもこちらは約8,000円とお手頃価格。

万一、動かなかったとしても作業用HDDとして使えば納得できる。

ディスクが届いたら早速、同じ手順で実施。
(一応、Buffaloのマニュアルも参考に・・・)

「RAIDアレイの再構築を実施する」ボタンを押したときのメッセージにドキッとしましたが・・・(笑)

RAID再構築中はしばらく時間はかかりますが、ファイルサーバとしてのアクセスは可能なのでそのまま放置。

無事元通り運用出来ております。

3年半前に購入して初めてディスクが購入したので、もう片方もそろそろ故障しそうな予感・・・

念のため交換用のHDDをストックしておこうかなと思う今日この頃です。

【Amazon.co.jp限定】WD Green 3.5inch IntelliPower 2.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD20EZRX/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】

新品価格
¥8,186から
(2014/5/10 15:50時点)

スポンサーリンク

コメント