【FileMaker Pro】スクリプトトリガの実装

前回で動くようになった住所自動取得スクリプト。

『小さな会社のFileMakerデータベース作成・運用ガイド』 P126の通りにスクリプトトリガを設定しますが・・・

ここでまた罠。

今の状態のスクリプトだと、郵便番号を1桁変更しただけでスクリプトが走ってしまいます。
しかも、そのたびに郵便番号フィールドからフォーカスが外れるのでストレス!!

なのでスクリプトを少し変更。

[html highlight=”5,6″]
エラー処理[オン]
変数を設定[$zipCode; 値:顧客データ::郵便番号]
If[$zipCode≠""]
現在のスクリプトを終了[]
Else If[Length($zipCode<7)]
現在のスクリプトを終了[]
End If
[/html]

ハイライトされている部分を追記して、
郵便番号が7桁未満の場合は処理を実行しないようにしました。

これで郵便番号の入力時や変更時のストレスは減りそうですね。

う〜ん、この辺りも本で触れて欲しいところですねぇ・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク