Mac Book Air に麦茶を飲ませた・・・

2ヶ月ほど前の朝、ブログの記事を書いていました。

最近、麦茶を飲みながら記事を書いたりしていたのですが、
グラスをテーブルに置くときに手が滑って、
MacBookAirにも麦茶を飲ませてしまったのです!!
(正確には、こぼした)

慌てて近くにあったタオルで拭き、キーボードや側面の液体は拭き上げました。

MacBookAirは何ともなかったようですが、
怖くなって電源を切りました。

さて、問題はここからどうするか。

異常がないか、電源投入してみようかとも思いましたが
内部に麦茶が残っていて、通電したことによって基板がショートしてしまったら・・・

さすがにMacBookAirとお別れするわけにはいかないので
しばらく放置することに。

とはいえ、いつまで放置すれば良いかも分からないので、
同じ状況にあった方がいないか思いつく限りのキーワードを組み合わせてググってみました。

MacBookAir、水没、水、麦茶、コーヒー、修理、対処、・・・

すると驚きの結果が!

みなさん、MacBookやMacBookAirにいろんなものを飲ませているようでした。
すこし安心(笑)

水、お茶、コーヒーは当たり前。
中にはウイスキーを飲ませた方も。

皆さんがそんなときに取った行動や対処法などがブログで紹介されていまして、その後のMacBookが何事もなく動いている方や、お別れをされた方、入院させた方など様々でした。

ワラにもすがる思いで、何事もなく正常に動いている方のブログをいくつか拝見し、私は下記のように対処しました!

・見える部分の水滴を拭き取ったMacBookAirをゴミ袋に入れる。
・ゴミ袋の口を除湿器の風が出るところにテープで貼る
・除湿器の風がMacBookAirにあたるように椅子などで高さを調節する
・除湿器の風ゴミ袋で循環するように、テープで貼ったとこに隙間をあける
・除湿器を自動除湿モードで運転

家にいるときは常に除湿器をオンにして、約10日ほど。

おそるおそるMacBookAirの電源を投入すると・・・

きたーーー!!!

無事に立ち上がった!

で、現在も問題なく動いています。

よかった・・・

※あくまでも私の例ですので、必ずしも動くとは限りませんので試される方は自己責任でお願いいたします。

私のMacBookAirもこれから何かが起こるかもしれませんので・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク