【Office365導入記 1】 Office2003の次は?

2014年4月9日、ついに Windows XP と Office 2003 のサポートが終了しました。

色々な意見も出ていますが、個人的には「長い間ありがとうございました」と言いたいです。
XPがリリースされたのは、私がちょうど社会人になったとき。

私のSEとしてのキャリアは、XPとともに歩んできました。
なんだか大げさですけど(笑)

Windows 7 や Office 365 への移行も無事に終了したのですが
実は、Office 365 の導入にあたって、一騒動ありました。

Microsoftのサポートにもお世話になりながら、何とか解決できたので
同じ事で迷った方のために、覚え書きとして残しておきたいと思います。

当初、Office 2003 のサポート終了に伴い、
検討対象となったのは以下の3つのオフィススイート。

・Microsoft Office 365
・OpenOffice
・LibreOffice

下の二つはオープンソースなので、ソフトウェア購入においての費用がかからないこともあり
できればこのどちらかでいきたいなと思っていました。


そこで、OpenOfficeとLibreOfficeにて、これまでに作成した2003形式のWordやExcelのファイルが開くかの
検証をスタート。

レイアウトのずれが発生しないものもあれば
ほんの少しずれるものもあります。

このレイアウトのずれについては、妥協できるものもあれば許せないものもあって
許せないものに限って、修正が面倒だったりして・・・ストレス(笑)

互換性はあるといってもやはり別のソフトウェアであるわけで・・・

まず最初の判断基準が「このストレスを受け入れられるか?」ということ。

しかしながらすぐに結論が出ました。
Access と Oracle で連携しているファイルの動作検証する時間が無い!

あっさり Microsoft Office 365 に決定です(笑)

試用版を使ってみて、「やっぱこれだな」と思いつつ、購入を決定しました。

次回は「インストール編」です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク