【AntiVirus】マカフィーの亡霊!?

最近、Windows 8 のタブレットを購入しました。

・C#で開発したアプリケーションを動かしたい(Win8で動作することは確認済み)
・そのアプリ以外はほとんど動かさない
・スペースが限られている

というような要件があって、前々から気になっていたマイクロソフトのSurfaceを購入しようかと思ったのです。

が、Surface2は Windows RT だそうで、
アプリケーションが動くかどうか分からないので Windows 8 の方にしたかったのですが
Surface Pro だと予算オーバー・・・

というわけで、ヨドバシでタブレットPCを見ていたのですが
程よく画面も大きいタブレットがあって、即決したのがこれ。

マウスコンピューターのタブレット LP-WN1100 です。

マウスの公式サイトでは残念ながら売り切れなのですが
amazon、ヨドバシにありました。

特にヨドバシの方(LP-WN1100-P)は Win 8 Pro だったので今回はこちらを購入。
タブレットとはいえ、OSは Win 8 Pro なので慣れたもの。
不要なプリインストールアプリケーションをアンインストール。

私はESETユーザーなので、プリインのセキュリティソフトは
ネットに接続する前に真っ先に削除。

LP-WN1100-Pにはマカフィーが入っていたのですぐにお別れ、
ESET製品をバッチファイルからインストール。

・・・しようとしたら、躓いた!?
アンチウィルス製品が競合しているときに発生するエラーがでた。

マカフィー消したはずなのに・・・
Win 8のせいかと思ったので、インストール用のバッチを最新バージョンで作り直してインストール。

・・・また躓いた!?

マカフィー以外に競合するソフトはなさそうだし
何度か再起動した後に試してもダメ・・・

原因不明のまま、バッチファイルからのインストールは諦める。
通常のインストールパッケージからインストールをしたら
「他のソフトと競合しています」とマカフィーがインストールされていますよとのメッセージが!?

いやいや、Win 8 の初期設定が終わったら真っ先に消し去ったのに
残っているはずがないぞ!?

これは・・・マカフィーの亡霊じゃないか!!

どうやらアンインストールが正常に終了しないことがあるようで
公式のツールがあるようです。
http://www.mcafee.com/Japan/mcafee/support/faq/answer_p_install.asp?wk=IN-00006

このツールをダウンロードして実行すると無事ESETもバッチファイルからインストールができました。

ふぅ・・・

正直、アンチウィルスやセキュリティ製品のプリインストールがなくなるといいなぁ。

マウスコンピューター LuvPad LP-WN1100 Windows 8搭載11.6型タブレットPC

新品価格
¥49,800から
(2014/2/22 14:21時点)

ちなみに、LP-WN1100-P の使い勝手はまさに想定していたとおり。

多少もっさりすることもありますが、
特定業務専用端末など、用途によっては非常に優秀だと思います。

amazonのリンクは Windows 8 なのでご注意を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク