【Ustream】LOGICOOL の Webカメラを買ってみた

ある建物の4階での様子を、7階のプロジェクターでライブ配信するという案件があり、色々と方法を模索しております。

4階から7階までLANを引ければ、HDMIをCAT6に変換して
SONYハンディカムの映像・音声をそのままプロジェクターに流せるんだけど・・・

さすがに非常階段とかにケーブルを這わせるわけにもいかないし、今回のためだけにビルの縦シャフトにケーブル落とすのももったいない。

そこで考えたのが、Ustreamでチャンネルにパスワードかけてライブ中継する案。

HDMIの映像をそのまま飛ばすには、キャプチャユニットといわれるものが必要らしい。
(HDMI→USBに変換する)

こんなのが人気らしい。
SKNET MonsterX Live HDMI入力対応ポータブルHD映像配信ユニット SK-MVXL

でも、試してみるにはちょっと予算オーバー・・・

なので、無難に(?)Webカメラで検証してみることに。

今回試してみたのはこれ!
LOGICOOL HD プロ ウェブカム C920t

ロジクールの一番高いヤツ(笑)

パッケージにはMac対応とは書いていなかったけど、一部ではMacでも使えたとのブログがあったので、迷わず購入。

Macが無理ならWindowsで使えば良い。

で、手持ちの MacBookAir でもUSB接続だけで問題なく認識できました。

早速、Ustreamにアクセスしてライブ配信開始。

別フロアでは iPad Air でチャンネルを表示して、プロジェクターに接続。

おぉぉーーー!!

映った!!

音もそこそこ拾えている。

ちょっとタイムラグは発生するけど、実際の場所は異なるわけだしそこは気にならない。

無事に実現できそうで一安心したのも束の間、
次は被写体をアップにしたいという欲望が・・・

やっぱキャプチャユニット買うべきかな・・・

カメラ近くでの映像配信や、フェイスタイムとかには
LOGICOOL HD プロ ウェブカム C920t
 で全く問題ないと思います。

LOGICOOL HD プロ ウェブカム C920t

新品価格
¥10,973から
(2015/9/10 11:34時点)

スポンサーリンク